読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんたーねっと日記

141文字以上のものを書くところ

同人サイトのアクセスコントロールについて考えた

けろりん手帳 - 「オンラインブックマーク禁止」に対する一般(というかはてブ民)と、女性向けオンライン同人との意識の差あたりに関連して。
電車の中でぼーっとしていたら増井先生の画像なぞなぞ認証に似たシステムが同人サイトによくある「検索避け」「リンクはトップページに」「オンラインブックマーク禁止」あたりの同人サイトローカルルール問題をうまく解決する方法になりそうだと思ったメモ。なぜこれを思いついたのか自分でもよくわかりません。

同人サイト周辺の問題は冒頭に貼ったページを読んでもらうとして、ここで解決できるんじゃないかと思っているのは、

  • 自分のサイトが好ましくない人に見られるのを避ける
    • 二次創作の元ネタの版権関係者
    • ナマモノの本人や関係者
    • 子供
    • 同人活動の内容に嫌悪感を抱く人
  • トップページ以外にリンクされたりブックマークされたりするのを避ける

というあたりです。元々、好ましくない人に見られないようにすることを考えていたので、リンクやブックマークの件はわりと副次的なものです。
あと、実際の同人サイトの事情にはそこまで詳しくないので、いろいろ教えてくださると助かります……。

方法:パスワード認証のかわりに、特定のタイプの人でしか正解できないような問題を数問出す

これだけです。
ポイントはこれの解答を選択式にして選択肢を画像から選ばせるようにしたり、「攻めと受けに分類してください」のような、「扱っている内容を知っていなければまず解けないだろうし、興味のない人には答えを覚えるのが難しい問題」にしておくことです。
同人の知識を必要とする問題にしておけば、二次創作やナマモノ元ネタの関係者がもし正解できるのならば、その関係者はそうとう精通しているはずなので訴えてこないだろうと思います。同人活動の内容に嫌悪感を抱く人も同様です。 子供については、子供が知らないような昔の流行歌手の問題でも出しておけばいいんじゃないでしょうか(そもそもエロいものを見たい子供は「18歳以上ですか」という質問に平気で「はい」と答えるのでその程度でも十分でしょう)。パスワードのように「コピペすればなんとかなる」というものでもないので、悪意をもって第三者が閲覧できるような状態にする人(パスワードを漏らしたりする人)もいないでしょう。
トップページ以外にリンクを貼られたりブックマークされても、認証を経ていない人であれば認証ののちトップページに飛ばすことで、閲覧者は自分の思った通りの動線をとってくれるはずです。誰が得をするのかはよくわかりませんが、とにかくサイト管理者がそうなるようにしたければそうすればいいのです。
さらに高度な利用法として、たとえばカップリングを選ばせてそれに応じたコンテンツを表示するというのも考えましたが、そうなるともはや違うものになってしまう気もします。

どうすれば広まるのか

こういった機能がpixivやmixiのようなSNSにあってもいいのかもしれないとは思いますが、

既にピクシブやmixiという場があるにも関わらず、個人サイトを作る人が絶えない理由として「交流は目的としない。自分の庭を持ちたい」というのが同人者の性としてあるような気がします。

http://keroling-tachibana.tumblr.com/post/580683460

ということで、あくまで「自分のサイト」にこの機能が組込める必要があると思います。ここでいう「自分のサイト」とは、

  • 自由にページを作れる
  • レイアウトや色など、見た目を自由にデザインできる
  • 各ページに、Webサービスのロゴが目立つように入ったりしない

あたりが条件になってくると思います。たとえばpixivやmixiの自分のページは、自分のサイトとはいえないと思います。ブログサービスも、自由にページを作れなかったり見た目のカスタマイズが難しかったりするので、やはり自分のサイトとは言えないでしょう。
ある程度の知識と、有料のまともなレンタルサーバーを借りられる程度の経済力のある人に対しては、こういう機能を簡単に実現できるようなスクリプトを誰かが作って配布すればいいのではと思います。具体的な設計については考えてないわけではないですが面倒なのでやめておきます。誰かつくってください。
しかしそういうスクリプトを設置するのは敷居が高いので、やはりホスティングサービス側がこういったアクセスコントロール機能を用意して手軽に利用できるようになっているべきなのかな、とは思います。
問題は同人サイトローカルルールを作りたがる人たちにはけっこう中高生みたいな、自由に使えるお金が少ない層が多いということで、こういう機能をなるべく無料で実現する方法が必要になってくることです。そもそもがアクセスを減らすための機能だし、もしその主ターゲットが中高生だったとすると広告収入をアテにするビジネスモデルは成立しないでしょう。
というわけで、誰かいいアイデアがあったら教えてください。僕はだいたい書きたかったことは書いたので飽きました。

追記:「もう認証をクイズにしているサイトはあるよ」という件

僕の書き方が足りなかったので補足します。
こういう認証に使うクイズを文章で出題して言葉や数字をパスワードとして入力させて答えるようにしてしまうと、すぐ検索でわかってしまったり、悪意をもった人間に答えを公開されてしまう可能性が高いのでは……と思うのです。
そこでキャラクターのイラストを使って問題を出したり、いくつかのイラストの中から答えを選ばせるようにすれば、そのキャラクターの名前がわからないと検索して答えを探すことができないし、選択肢もアクセスすたび微妙に変化するようにしておけば公開されてしまうリスクを減らすことができるのでは……と考えています。
しかしこれ、いちいち認証をするのはサイトを使う側からするとたぶんものすごく面倒臭いので、認証情報をCookieに保存できるようになっているといいですね。