読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんたーねっと日記

141文字以上のものを書くところ

Dell Mini 9にUbuntu 8.10をインストール

届いて3日目にしてWindows環境を捨てた。以下やったことメモ

Ubuntu 8.10 (日本語Remix版) のインストール

外付けドライブを持っているのでCDから普通にインストールした。外付けドライブがない場合は既にUbuntuが動いている環境があるならそれを使って、無ければ適当なマシンでCDからブートした上でUSBメモリにブートイメージを書いたりするといいみたい。それを使うとUMPC向けのカスタムされたUbuntuになるとかいう噂があるけどよく知りません。
DELLの純正Ubuntuも手に入るはずですがたぶん8.04しかないのと、lpia版なのでdebパッケージに互換性がないらしいということなのでやめときました。
インストール中になんかすごいことになったりしたんですがWindowsで立ち上げなおしてからやりなおしたら大丈夫でした。ただあの画面はもう見たくない。

無線LANと音声

そのままだと使えない。

あと標準のnetwork-managerだとWPAなアクセスポイントに繋がらなかったりするので、wicdのインストールがおすすめ。

12/18 追記

大学の無線ネットワークに接続できないと思ったらndiswrapperを使う設定になってなかった。リンク先だとteeとか使ってるけど上手く編集できてなかったところがちょこちょこあったのでvimか何か直接編集したほうがいいかもしれない。ndiswrapper使うように設定やりなおしたら標準のnetwork-managerでもふつうにどこでも使えた。

uim-skk scim-uimのインストール

ubulog: skk を入れてみたを参考に。uim-pref-gtkの画面は縦解像度的にちょっと辛いので、できれば外部モニタがあったほうがいい。設定項目の数が少ないところを使ってウインドウサイズを小さくするテクニックでなんとかのりきった。

そのほか

このへんを適当にいれておく。