読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんたーねっと日記

141文字以上のものを書くところ

会社の机をスタンディングデスクにして2週間仕事した

2014年のうちに書こうと思ってたら大晦日になってしまった。

先々週の日曜日に会社の人たちとIKEAに行って、机の上にテーブル置いてスタンディングデスクにするやつを作って、2週間立ったまま仕事してみた。作る過程はなおさんのブログに載ってます

DSC_1320

元々の記事だとLACKサイドテーブル1つで作ってるのだけど、やっぱりモニターは本体のほかに2枚ほしくて、もう一台をとなりに置くようにした。一回り大きいLACKコーヒーテーブル を使うことも考えたのだけど、あとでまた別の形にしたくなったりするかもとか考えてやめた。開発機として使ってるMacbokは13インチで、外部ディスプレイの前に置くとディスプレイの高さが少し足りてないのだけど、とりあえずはこのままでいいかな……と思ってる。そのうち嵩上げしてもいいのかもしれない。

DSC_1322

もともと机はBJÖRKUDDENダイニングテーブルで高さが74cm、そこに床からの高さが102cmくらいになるように棚板をつけてキーボード置き台にしてる。床にはHAMPENラグを敷いて、土足禁止っぽいゾーンにして裸足で仕事してる。ここまでかかった費用は4000円くらい。これまで使っていたバロンチェアの権利は他の人に譲って、いちおう疲れたときのために会社の備品の折りたたみ椅子を置いてる。

スタンディングにして、仕事したあとの疲れ方があきらかに変わった感じがあって、座って仕事していた頃は帰る頃に頭はぼーっとしていて全身がだるいなという感じだったのだけど、立って仕事するようになってからは疲れてるのは主に下半身で、頭は冴えてる感じになった。加えて、これまではけっこう遅くまでだらだらと仕事を続けて、時間がだいぶ遅いことに気づいて帰るみたいなことが多かったのだけど、これが「『ここまでやる』みたいなところを決めてそこまでさっさと終わらせてさっさと帰る」という気分になった。だいたい7時間くらい仕事したところで疲れてきて、「今日はここまで!」っていうところを早く決めるマインドになったんだと思う。疲れた時のための椅子は置いたものの、疲れてくるのがわりとふつうの帰宅時間みたいな感じなので、椅子に座って一息ついて、「よし帰るか!」みたいな気持ちになることのほうが多い。

ちょっと失敗したなというところは、靴を履いた状態で高さを決めたのに裸足で仕事しているので微妙にキーボード置きの高さが高くて、そのせいなのかいまだに肩が凝ってるというところ。ただ部品は安いし、耐えられなくなってきたら作りなおしてもいいかなと思ってる。

あと、裸足のせいでかかとへの負担が大きいのか、かかとを浮かせて仕事したくなることがときどきある。長くスタンディングデスク使ってる人はやっぱり靴を履いてるのかな……。