読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いんたーねっと日記

141文字以上のものを書くところ

E5系はやぶさ試乗会に行ってきた

18日金曜日に東北新幹線E5系はやぶさの試乗会に行って、仙台まで行ってもどってきました。
R0012385
R0012382
試乗会は大宮から仙台まで行って、すぐに戻ってくるコース。列車の表示は「団体」になっていた。E5系は最高時速320Km/hで走行可能な新型新幹線で、3月5日の導入以降しばらくは最高時速300km/hで、将来的には320km/hで営業運転するらしい。
考えてみたら、JR東日本の新幹線に乗るのは今回が初めてだった。
大宮駅で出発を待っているときに、反対側にも回送表示のE5系がきて、かなりめずらしい2編成並んだ状態になった。
R0012387
そして間近で発車するところも見られた。

車両に乗って最初になぜかトイレをチェックした。トイレはかなり綺麗というか普通のトイレっぽくて、流れる水もちゃんと透明だった。
R0012391
トイレのそばには洗面台が1つと、女性用トイレの入り口にももう1つあった。とてもきれい。
R0012395
R0012394
普通車両の車内は2人シートと3人シートが並んでいて、窓際の席にはAC100Vのコンセントが1つだけある。車内でパソコンを使うには窓際の席を確保しておくしかなさそう。シートについている枕は上下させることができて、前後の列のあいだにもけっこう余裕があるので後ろの人を気にせずイスを倒せるし、頭の位置に枕を合わせれば十分かいてきに過ごせる。というか最初のセッティングだとイスの背もたれが垂直でものすごく座りにくい。
R0012396
R0012398
電源があるのでインターネットを楽しむこともできる。ただし北に行くほどトンネルが多くてイーモバイルはあまり快適ではなかった。
R0012404
発車シーン

時速300km/h

時速300km/hの乗り心地は、ふつうの新幹線と変わらないレベル(当たり前か……)。トンネルに入るときに壁がすこし揺れるのが気になったけれども、それ以外はとくに不快感を感じるようなこともなかった。音もそこまでうるさくはない。
途中でUstreamをしてみたりしながら、ブチブチ切れる回線に我慢しつつ仙台まで1時間ちょっとで到着した。途中の駅をぜんぶ飛ばしたとはいえ早い。
大宮への帰りでは、グリーン車よりさらに上の「グランクラス」の見学があった。グランクラスは10号車で、まずは9号車にあるグリーン車に通された。
R0012427
R0012428
R0012429
普通車でもかなり快適だったのに、グリーン車のシートには電動のレッグレストがついていてシートももっと快適だった。枕も通常の車両のシートと同じように上下させることができる。読書灯とかふつうの鉄道では必要そうに思えないのだけど、見学のときは明るかっただけで運転のさいはもう少し暗めで運用されるのかもしれない。ちゃんと聞いておけばよかった。グリーン車だと席に1つ電源がついているようなので、確実に電源を確保したいのならグリーン車のほうがいい。
グリーン車で待機ののち、いよいよグランクラス見学。
R0012436
R0012437
R0012440
グランクラスのシートは革製で、電動リクライニングだしもはや鉄道のものとは思えないくらい快適だった。残念ながら試乗会では電動リクライニングシートは動かなかったけれども、リクライニングしなくても十分なほど快適だった。ちなみにこのシートと同じ革素材のフォトフレームが参加者向けのおみやげとして配布された。
帰りにも300km/h運転があった。

東北新幹線は乗るのがはじめてだったので比較対象がないのだけれど、東海道新幹線の乗ったことのある車両に比べたらずいぶん快適だなーというのが全体を通した感想だった。とにかくトイレがきれいなのと、枕が上下するのが思った以上に快適だった。新幹線に乗って旅行したい。